One day Photo Sketching

~ある日の何気ない風景~

鎌倉文学館 その1 



鎌倉文学館は、以前、加賀百万石藩主前田利家の系譜である旧前田公爵家の鎌倉別邸でしたが、昭和58年に鎌倉市に寄贈され、今では鎌倉にゆかりある文学者の直筆原稿・手紙・愛用品などを収集保存する資料館となっています。
連休最終日の5日、新緑が綺麗な、また、敷地内にある庭園のバラも咲き出した鎌倉文学館を訪れてみました。




DSC_6992-16.jpg


DSC_6993-16.jpg


DSC_6994-16.jpg


DSC_7180-16.jpg


DSC_6996-16.jpg


DSC_6997-16-2.jpg


DSC_6999-16.jpg


DSC_7030-16.jpg


DSC_0112-16-2.jpg


DSC_7127-16.jpg


DSC_7007-16-2.jpg


DSC_7176-16.jpg






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/05/07 21:20 * edit *

わ。
素敵な建物なんですね。
新緑とトンネルも ワクワクしちゃいますね。
すごく行ってみたい!
でも鎌倉は 中途半端に遠くて行かれないー

もぅバラの季節ですね
私も撮りにいかなくちゃです。
洋館と薔薇 で共通点があるかな?の 旧古河庭園に行かなくちゃ。
思い出させていただき 感謝です(o^^o)うふふ

てく。 #- | URL | 2016/05/07 21:45 * edit *

はるまさん

三島 由紀夫・豊饒の海第一巻・春の雪
松枝清顕 松枝家の別邸 終南別業
前田利為侯爵家別邸がモデル ご存知のように現在の鎌倉文学館です
春の雪は 私が日本文学の中 一際好きな物語です
写真を撮影する以前より 何回も訪れています
その名を聞いただけで心が煌めく思いです
二枚目のお写真
最後のお写真に写りこんでいる 門扉
一部切り取りかと思われます 大胆な切り取りで素敵です
それも鎌倉文学館を出て道沿いから撮影されています
一つの門扉を鎌倉文学館内側からと外側からの表現になります
それだけ この門扉は 魅力的です
また それとは異なる門扉ですが・・・
五枚目のお写真にある門扉からは 石積のアーチが望めます
石積のアーチは それは魅力的ですよね
このアーチを潜る時 それは胸が高鳴ります
八枚目の右手入り口に至るからです
その入り口の中に入れば 室内展示があり 鎌倉にゆかりのある文学者の原稿等が展示されていますよね
お写真は室内の書の匂いまで私に届けてくれました
有難う 10代の頃からの憧れの鎌倉文学館
懐かしい思い出が蘇りました

りら #sSHoJftA | URL | 2016/05/07 21:52 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/05/07 21:57 * edit *

ご無沙汰していました。

GWは何日間お休みがあったのですか?

お天気もまずまずだったのでたくさん撮影を楽しめましたか?

こうして写真を拝見するともうすっかり新緑の美しい季節に
なっていたのですね。

薔薇の季節でもあることに今ごろ気づきました(笑)

葉月 #- | URL | 2016/05/07 22:05 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/05/07 22:52 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/05/07 23:25 * edit *

はるまさん、こんばんは^^
お久しぶりです。
鎌倉文学館にいらしたんですね。
こちらの門を入ると、どこか幽玄な感じがします。
バラがもうこんなに咲いていましたか。
家のすぐ近くなので、明日にでも行ってみようかと思います。

Ariane #EW/CXf8k | URL | 2016/05/08 00:58 * edit *

新緑がいいですねえ
緑の光を浴びながらの散策は気持ちよさそう。
文学、僕には敷居が高すぎます(笑)

ララ #- | URL | 2016/05/08 01:34 * edit *

おはようございます

新緑の季節いいですね。
トンネルがとても印象的です。
オシャレな建物、バラの花も咲いていてオシャレさが増しますね。

おば様たちも写っているけれど、やっぱりカップルさんが多い!
カップルにレンズを向けるのは、私と一緒ね(*^。^*)

ももちゃん7 #- | URL | 2016/05/08 08:07 * edit *

コメントありがとう

鍵コメさんへ

江ノ電の由比ヶ浜駅から近いところですが、
一歩敷地内に入ると、
そこは静寂な世界。
とってもいい雰囲気のところです。
少し高いところにあるので、
文学館のテラスからは、
由比ヶ浜の海が見えます。

鍵コメさん、いつもコメントありがとう^^

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:07 * edit *

コメントありがとう

てく。さんへ

雰囲気のいい建物でしょう。
敷地は緑に覆われて、
素敵な場所です。
石積みのトンネルをくぐればそこはもう別世界のようです^^
薔薇も咲き出していました。
今年は少し開花が早いようです。
旧古河庭園も素敵ですよね。
写真、お待ちしています^^

てく。さん、いつもコメントありがとう^^


> わ。
> 素敵な建物なんですね。
> 新緑とトンネルも ワクワクしちゃいますね。
> すごく行ってみたい!
> でも鎌倉は 中途半端に遠くて行かれないー
>
> もぅバラの季節ですね
> 私も撮りにいかなくちゃです。
> 洋館と薔薇 で共通点があるかな?の 旧古河庭園に行かなくちゃ。
> 思い出させていただき 感謝です(o^^o)うふふ

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:14 * edit *

コメントありがとう

りらさんへ

久しぶりに鎌倉文学館へ行きました。
新緑がとても綺麗でしたよ。
バラも咲き出していました。
新緑と無機質な鉄の門扉とのコラボが、
素敵に見えました^^
りらさんもご存知のように、
建物の中も素敵ですが、
館内の撮影は一切禁止です。
一歩館内に入ると湿気った紙の匂いも感じられて、
落ち着ける空間。
この写真からそんな匂いまで、
思い出して頂けて、
とっても嬉しいです。
2回目は建物の外観写真を中心に掲載する予定。
こちらも見て頂けたら嬉しいです^^

りらさん、いつもコメントありがとう^^


> 三島 由紀夫・豊饒の海第一巻・春の雪
> 松枝清顕 松枝家の別邸 終南別業
> 前田利為侯爵家別邸がモデル ご存知のように現在の鎌倉文学館です
> 春の雪は 私が日本文学の中 一際好きな物語です
> 写真を撮影する以前より 何回も訪れています
> その名を聞いただけで心が煌めく思いです
> 二枚目のお写真
> 最後のお写真に写りこんでいる 門扉
> 一部切り取りかと思われます 大胆な切り取りで素敵です
> それも鎌倉文学館を出て道沿いから撮影されています
> 一つの門扉を鎌倉文学館内側からと外側からの表現になります
> それだけ この門扉は 魅力的です
> また それとは異なる門扉ですが・・・
> 五枚目のお写真にある門扉からは 石積のアーチが望めます
> 石積のアーチは それは魅力的ですよね
> このアーチを潜る時 それは胸が高鳴ります
> 八枚目の右手入り口に至るからです
> その入り口の中に入れば 室内展示があり 鎌倉にゆかりのある文学者の原稿等が展示されていますよね
> お写真は室内の書の匂いまで私に届けてくれました
> 有難う 10代の頃からの憧れの鎌倉文学館
> 懐かしい思い出が蘇りました

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:23 * edit *

コメントありがとう

鍵コメさんへ

そうですね。
鎌倉と言えばお寺や神社のイメージですよね。
でも意外に文学者ゆかりの土地でもあるんです。
そんな鎌倉文士の資料を収蔵しているのが鎌倉文学館。
洋館風の素敵な建物ですよ。
薔薇も既に咲き出していました。
庭園にはベンチもあり、散策にもいい所。
海も見えて本当に素敵な場所です。
駅からも近いし、階段ほとんどありません。
緩やかな坂道を登る程度です^^

鍵コメさん、いつもコメントありがとう^^

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:29 * edit *

コメントありがとう

葉月さんへ

GWは暦通りです。
家でゴロゴロとしてました。
連休後半、ゴロゴロにも飽きたので、
少しだけ撮影にも行きました^^
これはその時ものです。
敷地内は新緑が綺麗でしたよ。
薔薇も例年より早めに開花したようです。
まだ蕾も多かったので、
これかもっとたくさん咲くでしょうね。

葉月さん、いつもコメントありがとう^^


> ご無沙汰していました。
>
> GWは何日間お休みがあったのですか?
>
> お天気もまずまずだったのでたくさん撮影を楽しめましたか?
>
> こうして写真を拝見するともうすっかり新緑の美しい季節に
> なっていたのですね。
>
> 薔薇の季節でもあることに今ごろ気づきました(笑)

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:32 * edit *

コメントありがとう

鍵コメさんへ

鎌倉に多い谷戸のようなところにあります。
市街地からも近いところですが、
石積みのトンネルをくぐるとそこはもう静寂の世界。
洋館風の建物と、
広い庭があります。
所々にベンチも用意されており、
お弁当を食べたりすることもできます。
薔薇も既に咲き出していました。
見頃は来週辺りでしょうか^^

鍵コメさん、いつもコメントありがとう^^

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:36 * edit *

コメントありがとう

鍵コメさんへ

市街地にあるにもかかわらず、
一歩敷地に入ると、
新緑も眩しい静かな素敵な場所です。
新緑と無機質の鉄の門扉がいい対比を見せていました。
遠く海も見えて、
楽しい新緑散歩ができましたよ^^
そちらの新緑はもう少し先ですか?

鍵コメさん、いつもコメントありがとう^^

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:41 * edit *

コメントありがとう

Arianeさんへ

こちらこそご無沙汰しています。
いつも拝見してますが、
読み逃げで失礼しております。
久しぶりに文学館へ行きました。
新緑がとっても綺麗でいい時間を過ごせました^^
薔薇の開花も今年は早いようですね。
バラまつりは来週11日からのようです。
お近くなら是非行かれてみてください^^

Arianeさん、いつもコメントありがとう^^


> はるまさん、こんばんは^^
> お久しぶりです。
> 鎌倉文学館にいらしたんですね。
> こちらの門を入ると、どこか幽玄な感じがします。
> バラがもうこんなに咲いていましたか。
> 家のすぐ近くなので、明日にでも行ってみようかと思います。

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:45 * edit *

コメントありがとう

ララさんへ

新緑が眩しいくらいです。
狭いながらもバラ園もあり、
散策するのも楽しいところです。
文学館の中も素敵なのですが、
撮影は一切禁止。
お伝えできなくて残念です^^

ララさん、いつもコメントありがとう^^


> 新緑がいいですねえ
> 緑の光を浴びながらの散策は気持ちよさそう。
> 文学、僕には敷居が高すぎます(笑)

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:48 * edit *

コメントありがとう

ももちゃん7さんへ

アッという間に新緑の季節ですね~
ここは最寄り駅からも近く市街地なのですが、
トンネルをくぐり一歩敷地に入るとそこは静寂に満ちた世界。
とっても落ち着ける素敵な場所です。
老いも若きもカップルも、
新緑散歩を楽しんでいるようでした^^

ももちゃん7さん、いつもコメントありがとう^^


> 新緑の季節いいですね。
> トンネルがとても印象的です。
> オシャレな建物、バラの花も咲いていてオシャレさが増しますね。
>
> おば様たちも写っているけれど、やっぱりカップルさんが多い!
> カップルにレンズを向けるのは、私と一緒ね(*^。^*)

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 08:54 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/05/08 09:22 * edit *

緑たっくさんで気持ちよさそう~~
いい場所ですよね(#^.^#)

色んな方々が訪れるのもわかります^^
みんな森林浴しながら
この瞬間に癒されたいんだろうなぁそう思います。

♪デコ♪ #gwQYCaNk | URL | 2016/05/08 10:04 * edit *

こんにちは♪
緑に溢れた鎌倉文学館、素敵なところですね!^^
バラの花にも会えるんですね^^
行ってみたくなりました!^^

bunrumama #- | URL | 2016/05/08 13:53 * edit *

コメントありがとう

鍵コメさんへ

あっ、鎌倉文学館知りませんでしたか?
江ノ電の由比ヶ浜駅から歩いてすぐのところにあります。
市街地ですが、
一歩敷地に踏み込むと、
そこには別世界のような静けさが漂ってます。
GWの最終日でしたが、
思ったよりも人も少なく、
良い骨休めになりました。
行き帰りの江ノ電は激混みでしたけどね^^;

鍵コメさん、いつもコメントありがとう^^

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 14:58 * edit *

コメントありがとう

♪デコ♪さんへ

雰囲気も良く、
新緑もとても綺麗でした。
文学に関心はなくとも、
一見の価値はありますよ^^
薔薇も咲き出して、
ここへ行くのも一番いい季節です^^

♪デコ♪さん、いつもコメントありがとう^^


> 緑たっくさんで気持ちよさそう~~
> いい場所ですよね(#^.^#)
>
> 色んな方々が訪れるのもわかります^^
> みんな森林浴しながら
> この瞬間に癒されたいんだろうなぁそう思います。

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 15:00 * edit *

コメントありがとう

bunrumamaさんへ

緑も多く、
静かないい所です。
この時期には薔薇も見られるので、
それを目的に訪れる人も多いようですよ^^
近くにおいでの際は、
是非、寄ってみてください^^

bunrumamaさん、いつもコメントありがとう^^


> こんにちは♪
> 緑に溢れた鎌倉文学館、素敵なところですね!^^
> バラの花にも会えるんですね^^
> 行ってみたくなりました!^^

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 15:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/05/08 17:36 * edit *

コメントありがとう

鍵コメさんへ

ゴールデンウイーク、家でゴロゴロしてる時間が多かったせいか、
身体がだるいです^^;
頭も身体もリセットして、
シャキッとしなくちゃいけないですね。
探そうと思うとなかなか見つかりませんが、
そうでない時にふと見た足元にあったりするから、
面白ものですね。
素敵な公園が近くにあっていいですね^^

鍵コメさん、いつもコメントありがとう^^

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 19:47 * edit *

新緑がキレイ~♪

また文学館の建物とお庭のバラがとてもよく似合ってますね。
散策して、ベンチにゆっくり腰掛けてみたいです。

すてきなところですね。

くぅ #Dv6DZoa6 | URL | 2016/05/08 19:59 * edit *

コメントありがとう

くぅさんへ

桜も終わって早こちらは新緑の季節です。
建物も素敵だし、
庭園も素敵ですよ^^
ベンチに座ってのんびりとするにも良いとろこです。
海も見えますよ^^

くぅさん、いつもコメントありがとう^^


> 新緑がキレイ~♪
>
> また文学館の建物とお庭のバラがとてもよく似合ってますね。
> 散策して、ベンチにゆっくり腰掛けてみたいです。
>
> すてきなところですね。

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/08 20:29 * edit *

鎌倉文学館、近々行きたいと思っていたところです。
流石に人気の場所ですね。
皆さん新緑とバラの文学館を楽しみにしてらっしゃるのですね。
文学館の建物とバラ、、、素晴らしいです。
なかなかこういう画に撮れません。
流石です、唸っております!

aunt carrot #Hzu7QKvo | URL | 2016/05/08 21:08 * edit *

コメントありがとう

aunt carrotさんへ

行かれる予定だったのですね。
一足早く行ってきました。
新緑が気持ちよかったですよ。
薔薇も咲き出していましたが、
見頃は今週辺りでしょうか。
薔薇と文学館は定番写真ですが、
お褒め頂きありがとうございます^^

aunt carrotさん、いつもコメントありがとう^^


> 鎌倉文学館、近々行きたいと思っていたところです。
> 流石に人気の場所ですね。
> 皆さん新緑とバラの文学館を楽しみにしてらっしゃるのですね。
> 文学館の建物とバラ、、、素晴らしいです。
> なかなかこういう画に撮れません。
> 流石です、唸っております!

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/09 19:54 * edit *

こんばんは~♪

素敵なたたずまいですね~☆

鎌倉って歴史を感じますもんね。
私は一度行ったことがあるけど、たぶん修学旅行で・・・
なのでじっくりと回った事が無いんです。

あ~行きたいな~
行きたいとこだらけです(笑)

小池まぁ #mQop/nM. | URL | 2016/05/10 00:54 * edit *

コメントありがとう

小池まぁさんへ

神奈川を代表する観光地でもある鎌倉、
お寺や神社も素敵ですが、
鎌倉文学館もとても素敵です。
意外に文学関連の場所も多いんですよ。
一度ゆっくりお越しください。
鎌倉も江ノ電もお待ちしていますよ^^

小池まぁさん、いつもコメントありがとう^^


> こんばんは~♪
>
> 素敵なたたずまいですね~☆
>
> 鎌倉って歴史を感じますもんね。
> 私は一度行ったことがあるけど、たぶん修学旅行で・・・
> なのでじっくりと回った事が無いんです。
>
> あ~行きたいな~
> 行きたいとこだらけです(笑)

はるま #Vg7l9weY | URL | 2016/05/10 07:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://atharuma.blog.fc2.com/tb.php/817-79bf1fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)